アーカイブ: 2008年10月

2008/10/30

永続的リンク 11:34:15 ,カテゴリ: Information

原木か菌床か、それが問題だ!

道の駅やお土産屋さんなどの店頭で、
生シイタケが販売される時期となりました。

当社のすぐ近く、道の駅「信州新野千石平」でも、
おいしそうな生シイタケが、袋詰めされて並んでいます。
この季節の人気商品のひとつです。

ここで注意していただきたいのが、
「原木栽培」のシイタケなのか、
「菌床栽培」のシイタケなのか、という点です。

原木栽培とは、原木に菌を打って、
2~3年かけて自然発生させる古来からの栽培方法です。

菌床栽培とは、おがくずやスポンジの類に栄養素を染みこませ、
そこに菌を打って人工的に発生させる方法です。
工場内で5~6ヶ月たてば採取できます。

原木栽培と菌床栽培…。
どちらのシイタケがおいしいでしょうか?
どちらのシイタケを食べたいですか?

値段が安いのは当然、菌床栽培のものです。
スーパーで売られているのも、生であれば菌床栽培のものが多いようです。
どちらを選ぶかはお客様の自由です。

問題なのは、「原木」か「菌床」か、
それが商品に明記されていないことが、いまだに多いということです。

なぜ明記されていないのでしょうか?
明記することが義務付けされているにもかかわらず…。

当社では生シイタケの販売はしておりませんが、
当社の干しシイタケはすべて「原木栽培」です。
なぜなら、おいしくて、安心で、安全だからです。
どうぞ安心してお買い求めください。


↑道の駅「信州新野千石平」では、原木栽培の生シイタケが200円。
 たいへんお安い価格です!

2008/10/24

永続的リンク 11:53:36 ,カテゴリ: Information

秋便り・その2 秋のシイタケが収穫されています

シイタケの発生時期はおもに春と秋。
春に発生したものを「春子」、秋に発生したものを「秋子」といいます。
ただいま秋子(あきこ)の収穫が行われています。

しっかり肉厚に育った今年の秋子は、
質、量ともにまずまずといった具合。
昨年が降雨不足と猛暑の影響から不作だったことを考えると、
恵まれた秋の収穫といえるかもしれません。

今年は台風の上陸もなかったので、
大きな被害を受けずにすみましたしね。

写真は防風ネットのあるハウス内で栽培されたシイタケですが、
このまま生で食べるのもいいですね。
うん、おいしそう!

2008/10/17

永続的リンク 15:34:25 ,カテゴリ: Information

食の安全が問われています

今年1月の中国製の冷凍ギョーザの毒物混入問題に続き、
今月新たに発覚したのが冷凍インゲンの殺虫剤混入問題。

これらの中国製食品をめぐる事件は、
国産品を販売している当社のような企業にとっても、無関係ではありません。

ギョーザ事件の際には、
中国産の干し椎茸を使用していた業者がいっせいに国産品へシフト。
当社にもたくさんの問い合わせが殺到しました。

「フルタヤさんにとっては追い風だね」という声もありましたが、
実際はそうではなく、国産干し椎茸の高騰という結果を招き、
当社の販売価格も4月には値上げせざるをえなくなりました。

当時、日本国内において、
干し椎茸の中国産と国産の使用比率は7:3。
驚かれるかもしれませんが、安く大量に手に入る中国産の干し椎茸が、
国内需要の7割を満たしていたわけです。

もともと、国産品の数は少なく、
生産体制も小規模生産者が多いため、
需要が高まったからといって、たやすく増産できるわけではありません。

貴重な国産の干し椎茸がさらに値上がりし、
お客様にもたいへんご迷惑をおかけしました。

このたびの冷凍インゲン問題がどのような影響を及ぼすのか、
まだ定かではありませんが、
「安全な食品」を求めるお客様の要望にこたえられるよう、
これからも努力していく所存です。

2008/10/14

永続的リンク 15:15:31 ,カテゴリ: Information

直売所が大にぎわい!

先日の3連休、日頃からお世話になっている農産物産直所のひとつ
「あんしん市場 牛牧直売所」(飯田市上郷)では、
恒例の「かかし祭り」が行われ大勢の人でにぎわいました。

「かかし」を集めてコンテストするというものですが、
五輪ネタや政治ネタ、アニメ風なものなど、
たいへんユニークなかかしが集まっていました。

当社の干しシイタケの売れ行きもよく、
3連休のうち2度補充に訪れたのですが、
買い物をするお客様が多くて、
商品を陳列するのも一苦労、といった具合でした。

物価の上昇や原油高によって、
スーパーなど小売業が総じて苦戦するなか、
こういった直売所形式のお店が集客をのばしています。

当社の売上も前年比数パーセント増の模様で、
昨今ではたいへんありがたい存在となっております。

2008/10/02

永続的リンク 14:54:39 ,カテゴリ: Information

葬儀の返礼品に新アイテム登場!

当社が昨今力を入れているのが葬儀での返礼品です。
葬儀の返礼品といえば、土地柄によってかなり異なりますが、
お茶が主流で、次いで海苔…。
最近はお茶漬けセットや紅茶やコーヒー、
お菓子なども選択肢としてあるそうです。

いずれも軽く、日持ちがして、消費しやすい「消えもの」であること、
どなたにも喜ばれる品物というのが共通点かと思います。

当然、干し椎茸はそれらの条件をクリアしており、
国産の椎茸は貴重品でもありますから、
贈り物、返礼の品としてはうってつけかと思います。

今回、新しく作ったのが「国産どんこ椎茸 BT-15」。
どんこ椎茸が90g入っており、紫色の特注箱には、
礼状をはさむスペースと取っ手がついています。

希望販売価格は1575円となります。
卸価格については当社までお問合せください。

プロフィール

私どもが扱う乾椎茸(干ししいたけ)は、クヌギやコナラなどの「原木栽培」であり、「国内産」であるもののみに限定しています。椎茸は自然の恵みであり、添加物をいっさい使っていない最高の健康食品です。毎日の食卓やご贈答にぜひご利用ください。

フルタヤ椎茸株式会社
〒399-1612
長野県下伊那郡阿南町新野2451-8
TEL 0260-24-2033
FAX 0260-24-2833
フルタヤ椎茸ホームページ

お問い合わせ用フリーダイヤル
0120-24-2078

お問い合わせフォームは下のバナーをクリックしてください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Archives

リンクブログ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

ネットチラシ

フルタヤ椎茸ネットチラシ

Calendar

2008年10月
 < 現在 > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?