アーカイブ: 2009年1月

2009/01/29

永続的リンク 13:35:28 ,カテゴリ: Information

中国製食品への依存からどう脱却するか?

先日、新聞を読んでいると、
「中国製食品への依存からどう脱却するか?」
というような内容の記事がありました。
昨年発覚したさまざまな食品偽装問題を経て、
何度も目にする内容です。

発端であった冷凍ギョーザ事件以来、
特に冷凍食品での中国製食品の売上減少はもちろん、
冷凍食品全体においても、かなりの売上マイナスとなった模様で、
今後の立ち直りのきっかけもつかめない様子。

しかし単純に、中国製食品がだめなら国産食品に切り替えればよい、
という問題ではありません。

当社にも、「今まで中国産の乾椎茸を使っていたけれど、
これからは国産を使いたい」という趣旨で問い合わせが多くあります。
でも、それらのほとんどが成約には至りません。

大きな問題はやはり価格差です。
たとえば料理店に重宝される業務用スライス椎茸の場合、
中国産の乾椎茸は1キロ当たり2000円前後で手に入ります。

しかし国産となると1キロ当たりの当社の販売価格は7000円前後です。
価格差はなんと3倍以上!
しかし、これが現実なのです。

国内の農林業の復活こそ、
食の安全のために不可欠なのですが…。

中国製食品への依存からどう脱却するか? と問われれば、
しばらくは本格的に脱却するのは不可能、と答えるしかありません。

2009/01/10

永続的リンク 14:56:36 ,カテゴリ: Information

2009年もよろしくお願いいたします

すでに年が明けて数日たちますが、
新年、明けましておめでとうございます。

昨年は食品偽装や事故米など、
食に関わる問題が噴出した一年でした。
明けて2009年、今年は穏やかな年になることを祈るばかりです。

当社では、年末の繁忙期をどうにか乗り越え、
正月休み明けにも殺到した注文をどうにかこなし、
慌しい新年を迎えております。

今年もどうかよろしくお願いいたします。

プロフィール

私どもが扱う乾椎茸(干ししいたけ)は、クヌギやコナラなどの「原木栽培」であり、「国内産」であるもののみに限定しています。椎茸は自然の恵みであり、添加物をいっさい使っていない最高の健康食品です。毎日の食卓やご贈答にぜひご利用ください。

フルタヤ椎茸株式会社
〒399-1612
長野県下伊那郡阿南町新野2451-8
TEL 0260-24-2033
FAX 0260-24-2833
フルタヤ椎茸ホームページ

お問い合わせ用フリーダイヤル
0120-24-2078

お問い合わせフォームは下のバナーをクリックしてください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Archives

リンクブログ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

ネットチラシ

フルタヤ椎茸ネットチラシ

Calendar

2009年1月
<< < 現在 > >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?