アーカイブ: 2012年4月

2012/04/27

永続的リンク 11:48:16 ,カテゴリ: Information

大分県産の椎茸を大量仕入れ

昨年の福島原発の事故以来、
放射能セシウムの問題で東北の一部の干し椎茸が出荷停止、
あるいは自主回収となっています。

当社では現在、安全性の確認された以下の3地区のみを使用し、
それ以外の東北の産地については処分いたしました。
安全性の確認された3地区とは以下のとおりです。

・岩手県(久慈地方)
・新潟県(佐渡)
・長野県(下伊那郡)

こちらの3地区については、4月からスタートした
新基準においても規制値以下であります。

また、今後は西日本、主に九州産の椎茸を仕入れるべく、
大分県産の椎茸を大量に仕入れております。
供給の面でもご安心いただけますので、
お客様にご報告いたします。



2012/04/03

永続的リンク 12:52:10 ,カテゴリ: Information

放射性セシウムの規制値が変更となります

報道でご承知の方も多いと思いますが、
4月1日から食品に関する放射性セシウムの規制値が変更となりました。

いままでは食品一般で500ベクレル/kgでしたが、
それがおおむね100ベクレル/kgという新基準へと引き下げられました。
乳製品などにはさらに低い規制が設けられております。

もうひとつ変更となったのが、
干し椎茸のような乾燥食品については、
水戻しして「食する状態において100ベクレル/kg以下である」
という点です。

このブログ内でもすでに述べましたが、
乾燥食品は質量が極端に軽くなるため、
生シイタケの状態で50ベクレルだったものが、
乾燥させるとkg当たり500ベクレルになって規制値を超えてしまう、
という不合理な状態が続いておりました。
今回の新基準によって、その不合理さが若干は解消された状態といえるでしょう。

とはいえ、できるだけ放射性セシウムを含まない
食品をお届けするのが当社の使命でもあります。
今後は仕入れ先をより西日本へとウェイトを移し、
検査体制も整えて対応していきたいと思います。


プロフィール

私どもが扱う乾椎茸(干ししいたけ)は、クヌギやコナラなどの「原木栽培」であり、「国内産」であるもののみに限定しています。椎茸は自然の恵みであり、添加物をいっさい使っていない最高の健康食品です。毎日の食卓やご贈答にぜひご利用ください。

フルタヤ椎茸株式会社
〒399-1612
長野県下伊那郡阿南町新野2451-8
TEL 0260-24-2033
FAX 0260-24-2833
フルタヤ椎茸ホームページ

お問い合わせ用フリーダイヤル
0120-24-2078

お問い合わせフォームは下のバナーをクリックしてください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
Archives

リンクブログ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

ネットチラシ

フルタヤ椎茸ネットチラシ

Calendar

2012年4月
<< < 現在 > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?